低年齢化する教育と日本の将来に関して

昔では考えられなかったことですが、都市部においては幼稚園受験をするのが当たり前になっています。
早めに進学先を決めておくことで、後はエスカレーター式で進学をすることが出来ます。
受験対策は大変ですが、長期的な視野で将来を考えられることは大きなアドバンテージだと言えます。
教育にかけるお金は年々増えていて、働くお父さんお母さんにとっては負担が大きくなっています。
幼児教育に特化した塾も増えていますし、毎月の月謝は数万円になるようです。
ただ、先行投資をしたお金は必ずリターンがあるはずです。
子どもの成長は何よりの生き甲斐ですし、子どものためであれば我慢出来るのが親ではないでしょうか。
日本の教育レベルは世界のトップ水準ですが、決して安泰という訳ではありません。
中国や韓国、更にはインドのレベルも急激に上がっているようです。
互いに切磋琢磨して成長することが大切ですし、そうすることで世界の平和も見えて来るのではないでしょうか。